どこに相談したらいいかわからない!
解体工事で困ったら、
まずは「解体パートナーズ」に見積り依頼!

086-239-8663

(24時間受付中)

ビルの解体費用の相場|安く抑える方法や価格が変動する要因を解説

  • 店舗解体
  • 2024.04.01

岡山にお住まいの皆様こんにちは!
岡山の解体パートナーズブログ更新担当です!

今回は「ビルの解体費用を知りたい」という方に向けて、ビルの解体費用の相場を解説します。価格が変動する要因や安く抑える方法も解説しているので、ビルの解体費用の負担を軽くしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ビルの解体費用の相場

ビルの解体費用の相場は、構造によって以下のように異なります。

構造坪単価
鉄骨造(S造)約2.5万~5万円
鉄筋コンクリート造(RC造)約4万~8万円
鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)約4.5万~10万円

ビル全体の解体費用の概算を求める際は、延べ床面積に坪単価をかけるのが一般的です。延べ床面積が50坪、200坪、500坪のビルの解体費用相場は、以下のとおりです。

構造50坪
鉄骨造(S造)約125万~250万円
鉄筋コンクリート造(RC造)約200万~400万円
鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)約225万~500万円

構造200坪
鉄骨造(S造)約500万~1000万円
鉄筋コンクリート造(RC造)約800万~1600万円
鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)約900万~2000万円

構造500坪
鉄骨造(S造)約1250万~2500万円
鉄筋コンクリート造(RC造)約2000万~4000万円
鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)約2250万~5000万円

なお、ビルの解体費用は、現場の状況や解体業者によって異なるので、正確な費用を知りたいときは現地調査のうえ見積もりを作成してもらいましょう。

ビルの解体費用の内訳

ビルの解体費用の一般的な内訳は、以下のとおりです。

  • 建物解体費
  • 仮設工事費
  • 付帯工事費
  • 廃棄物処理費
  • 整地費
  • 諸経費

それぞれ詳しく解説します。

建物解体費

建物解体費は、ビル本体の解体にかかる費用です。具体的には、重機の使用料や人件費などが含まれます。建物解体費は、ビルの構造や延べ床面積、現場状況によって変動します。ビルの解体工事の大部分を占めるので、事前に見積もりを取って確認しておきましょう。

仮設工事費

仮設工事費とは、以下のような解体工事を進めるうえで必要な設備の設置にかかる費用です。

  • 足場
  • 養生シート
  • 仮設トイレ
  • 仮囲い
  • 散水設備 など

ビルの解体工事は、高所作業が多く、足場を設置して安全に工事を進める必要があります。また、仮囲いや養生シートは、解体工事によって発生する粉じんや騒音を抑えるために欠かせない存在です。足場や仮囲い、養生シートの設置範囲が広いほど、仮設工事費が高くなる傾向があります。

付帯工事費

付帯工事は、建物の解体工事や仮設工事を除く作業を指すのが一般的です。例えば、以下のような作業が該当します。

  • 塀や樹木の撤去
  • 建物内に残っている家具や家電の処分
  • 駐車場の撤去 など

付帯工事費は、撤去するものが多いほど高くなる傾向があります。

廃棄物処理費

廃棄物処理費は、建物の解体工事や付帯工事で発生した廃棄物を処理施設に運搬し、処分するためのコストです。廃棄物処理費は、廃棄物の種類や量によって変動し、ビルの解体費用の約4割を占めるといわれています。

整地費

ビルの解体工事が終わり、廃棄物を運び出したあとは、整地を行います。整地とは、土地の不要なものを除去し、平らにならす作業のことです。

整地費は、どのような方法で仕上げるかによって金額が異なります。例えば、粗仕上げであれば1㎡あたり300~600円で済みますが、アスファルト整地やコンクリート整地の場合は、1㎡あたり5,000円を超える可能性があります。

諸経費

諸経費は、どの項目にも該当しない費用を指すのが一般的です。諸経費に含まれる代表的な費用は、以下のとおりです。

  • 書類作成費
  • 損害賠償保険料
  • 近隣挨拶時の粗品代
  • 事務用品費 など

諸経費の内訳は、解体業者によって異なるので、見積もりを受け取ったときに確認しておきましょう。

ビルの解体費用が変動する要因

ビルの解体費用が変動する要因には、以下のようなものがあります。

  • 構造
  • 延べ床面積
  • 現場状況
  • アスベストの有無

それぞれ詳しく見ていきましょう。

構造

ビルの解体費用は、構造によって以下のように大きく変動します。

構造坪単価
鉄骨造(S造)約2.5万~5万円
鉄筋コンクリート造(RC造)約4万~8万円
鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)約4.5万~10万円

構造特徴
鉄骨造(S造)他の構造と比較して、廃棄物の量が少なく済み、工期が短い傾向がある
鉄筋コンクリート造(RC造)柱がコンクリートによって覆われているので、鉄骨の本数が把握しにくく、見積金額から変動しやすい
鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)強度が高いため、その分解体に時間がかかる

鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造の順番に強度が高く、解体に時間がかかることで費用が高くなる傾向があります。

延べ床面積

ビルの解体費用の概算を求めるときは、各階の床面積を合計した延べ床面積を使うのが一般的です。延べ床面積が大きいビルほど、解体に時間がかかるため、費用が高くなる傾向があります。なお、ビルの延べ床面積は、登記簿謄本や売買契約書、重要事項説明書などで確認できます。

現場状況

ビルの解体費用は、現場状況によっても変動します。例えば、現場までの道が狭いときは、廃材を載せるトラックを近くに駐車できず、手作業で運ぶ手間がかかります。人力で進める作業が増えると、工期が延びることで費用が高くなる可能性があるので、解体業者と現場状況を確認しておきましょう。

アスベストの有無

アスベストが使われているビルの解体工事では、アスベスト除去工事を実施しなければなりません。アスベスト除去工事が必要になると工期が延びるだけでなく、専門的な知識や技術、特別な工具が必要となることで費用が高くなる可能性があります。

アスベストを吸い込むと健康被害を引き起こすことから、2006年からアスベスト含有率が0.1%を超える製品の製造・使用が禁止されています。そのため、2006年以前に建てられたビルには、アスベストが含まれている可能性があるので、建築時期や図面などで確認しておきましょう。

ビルの解体費用を安く抑える方法

ビルの解体費用を安く抑える方法には、以下のようなものがあります。

  • 複数の解体業者から見積もりを取る
  • ビルの構造図・設備図を準備しておく
  • 解体業者に合わせて解体時期を決める
  • 不用品を処分しておく
  • 補助金制度を活用する

それぞれ詳しく解説します。

複数の解体業者から見積もりを取る

ビルの解体費用は、業者によって異なるので、複数業者の見積金額を比較することが大切です。1社の見積金額だけでは、費用の相場を把握できないため、適正価格なのかを判断できない可能性があります。見積金額を比較して相場を把握しておくことで、費用が高すぎる業者を見分けられるようになります。

なお、費用の安さを追求するあまり、見積金額が安すぎる業者に依頼するのは避けましょう。安すぎる業者は、高額費用を追加請求したり、コストカットのために必要な作業を省略したりする可能性があるので注意が必要です。

ビルの構造図・設備図を準備しておく

ビルの解体費用を抑えるには、見積もりを依頼するときにビルの構造図や設備図を提示することが大切です。

ビルは外から見ただけでは、中の構造や設備を把握しにくいです。作業を進めるなかで、構造や設備が明らかになり、追加作業が必要になれば、費用が高くなってしまいます。より正確な見積金額を把握するためにも、構造や設備が把握できる書類を準備しておきましょう。

解体業者に合わせて解体時期を決める

解体業者の繫忙期や土日に工事を依頼すると、人件費がかさんでしまう可能性があります。そのため、費用を抑えるには、解体業者の一般的な繁忙期である12~3月、土日の依頼を避けるのがおすすめです。

スケジュールに余裕がある人は、値引き交渉をする際に、工事時期を解体業者の都合に合わせられることを伝えるのが効果的です。

不用品を処分しておく

使わなくなった家具や家電などの不用品の処分を解体業者に依頼すると、自分で処分するより費用が高くなる可能性があります。そのため、あらかじめ不用品をリサイクルショップで売却したり、粗大ごみとして捨てたりしておくことで、解体費用を抑えられます。

不用品を捨てる際は、自治体のルールを確認したうえで適切な方法で処分しましょう。

補助金制度を活用する

ビルの解体工事を行う際に、自治体の補助金制度を利用できる可能性があります。自治体によって補助金制度の内容が異なるので、事前にホームページや窓口で確認しておきましょう。

なお、工事着工済み、もしくは完了済みの場合は、補助金制度が対象外となる可能性があります。補助金制度を活用できない状況を防ぐためにも、適用要件を確認のうえ、解体業者と工事時期の調整をしておきましょう。

まとめ

ビルの解体費用は、鉄骨造が約2.5万~5万円、鉄筋コンクリート造が約4万~8万円、鉄骨鉄筋コンクリート造が約4.5万~10万円と構造によって異なります。また、アスベスト除去工事や手作業での解体、敗残の運搬が必要になったときは、費用が高くなる可能性があるので注意が必要です。

ビルの解体費用を抑えるには、複数業者に見積もりを依頼したり、ビルの構造図を提示したりするのが効果的です。

岡山県で安心して依頼できる解体業者をお探しの方は、ぜひ「解体パートナーズ」にお任せください!
「解体パートナーズ」では、解体工事に必要な許可や免許を保持しており、法令遵守して作業できる優良解体業者を厳選しています。
お客様と直接やりとりをするのは「解体パートナーズ」の管理会社1社のみとなっているので、お客様が1社ずつ対応する必要はなく同条件で各業者への見積もり依頼を行うことが可能です。

関連記事はこちら

©2022 解体パートナーズ